用語説明

    腎兪(じんゆ)

    腎兪(じんゆ)はツボの一種で、背中の腰の後ろにあたる位置、へその高さで腰の両側に手を置き両手の親指が背中の腰の部分にあたる場所にあります。おしっこの回数が多い頻尿の改善にも腎兪は効果を発揮します。このページでは腎兪と頻尿の関係を説明します。 続きを読む

    心因性頻尿

    心因性頻尿とは神経性頻尿の1つで心身症の一種です。精神的な作用により影響を受けた膀胱が起こす頻尿症状の1つです。精神科医の指導や精神安定剤などを使用する薬物療法が用いられます。このページでは、心因性頻尿と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    自律神経調整薬

    自律神経調整薬とは、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整える薬のことをいいます。自律神経調整薬が頻尿の治療に使用される場合もあります。このページでは自律神経調整薬と頻尿の関係を説明しています。 続きを読む

    パーキンソン病

    パーキンソン病とは40代から50代以降に発症する原因不明の神経変性疾患です。自律神経の働きが障害されることから多くの患者に頻尿の症状があらわれます。このページでは、パーキンソン病と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    尿意切迫感

    尿意切迫感とは、過活動膀胱等による急な尿意を感じる症状の一種です。この尿意切迫感は頻尿とともに間質性膀胱炎の症状でもあります。このページでは、尿意切迫感と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    子宮がん

    子宮がんとは子宮にできるがんの呼称です。子宮がんのセルフチェック項目の一つとして頻尿が挙げられます。頻尿は子宮頸がん、子宮体がんどちらのがんが進行した場合もみられる症状です。このページでは子宮がんと頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    抗利尿ホルモン剤

    抗利尿ホルモン剤とは、体内のおしっこの量を調整するホルモン剤です。夜尿症や夜間頻尿の薬として処方され、夜におしっこが作られる量を減らしてくれます。このページでは、抗利尿ホルモン剤と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    間質性膀胱炎

    間質性膀胱炎とは、慢性的な頻尿、膀胱痛、尿意切迫感がある病気です。間質性膀胱炎の原因は不明ですが、膀胱上皮に異常が起こることにより発症すると考えられています。このページでは、間質性膀胱炎と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    膀胱がん

    膀胱がんとは、膀胱に発生する悪性腫瘍のことです。進行とともに肉眼で血尿を確認できたり、排尿の際に痛みが出てきたり頻尿になったりするのが特徴です。このページでは、膀胱がんと頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    血尿

    血尿とは尿に血液(赤血球)が混ざっている状態のことを指します。頻尿の症状がある時にも血尿が出る場合があり、原因として膀胱炎や尿路結石が考えられます。このページでは、血尿と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    膀胱結石

    膀胱結石とは、尿路結石の一種で、膀胱の中に結石ができている状態の事をさします。膀胱の中にある結石が尿路に進み、尿路に結石が詰まる事で激しい痛みを受けるようなります。このページでは、膀胱結石と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    腎臓結石

    腎臓結石とは排出されずに腎臓のなかに溜まった物質が結石化して、排尿を阻害する病気のことです。結石が腎臓を離れて下降してくると膀胱を刺激し、頻尿や残尿感、そして排尿病を伴います。このページでは、腎臓結石と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    尿漏れ

    尿漏れ(尿失禁)とは自分の意思に関係なく尿を漏らしてしまうことで、大きく分類すると腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁、溢流性尿失禁や機能性尿失禁があります。このページでは尿漏れと頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    多尿

    多尿とは尿の量が増加している状態をいいます。健康な成人の1日の尿量は約800〜1600mlですが、一般的に1日3000ml以上になると多尿と診断されます。このページでは、多尿と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    輸尿管

    輸尿管は尿管とも言い、腎で作られた尿を膀胱まで運ぶ管腔臓器です。輸尿管の症状が原因で頻尿になるケースとして最も有名なものに尿管結石があります。このページでは輸尿管と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    三陰交(さんいんこう)

    三陰交は、足首にあるツボです。「冷えのツボ」である三陰交を指圧し、温めることによって、冷えが原因の頻尿を改善できる見込みがあります。このページでは三陰交と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    承山(しょうざん)

    承山とはトイレの回数が多い頻尿や生活習慣や不摂生な生活によって起こりやすい腎機能低下に効果がある、頻尿の改善が期待できるツボの一つです。このページでは承山と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    気虚(ききょ)

    気虚とは中医学における体質タイプの一つで、体内の気が不足した状態を指します。気虚になると、気の不足によって内臓機能が弱まることで、尿道括約筋の働きが低下し、頻尿の症状が現れるとされています。このページでは気虚と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    生薬

    生薬とは、薬効成分を持つ動植物や鉱物から作られた薬のもとになるものです。頻尿に効果のある漢方薬に何種類かの生薬が配合されたものがあります。このページでは生薬と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    尿道括約筋

    尿道括約筋とは、骨盤の下の会陰部にある骨盤底筋を構成している骨格筋の一つです。尿道括約筋や膀胱などの周囲の筋の働きが低下すると、頻尿が起こります。このページでは尿道括約筋と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    残尿測定

    残尿測定とは、排尿直後に膀胱内に残っている尿量を調べる検査です。残尿測定を行うことで、頻尿の症状を知ることができます。このページでは残尿測定をすることで頻尿の原因がどのようにわかるのかを解説しています。 続きを読む

    問診

    問診とは、診察の現場において医師が患者に対して質問を行う行為です。頻尿の治療においても問診は欠かせません。このページでは問診をすることで頻尿の原因がどのようにわかるのかを解説しています。 続きを読む

    オムツトレーニング

    オムツトレーニングとは乳児が自分で排泄行為を自発的に行うためのトレーニングのことです。子供がおしっこをする頻度が高い場合はトレーニングのチャンスが増えるが、頻尿ではないかと心配する親もいます。このページでは、子供の頻尿について説明しています。 続きを読む

    女性ホルモン

    女性ホルモンとは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの総称です。プロゲステロンの分泌量が多い時期は頻尿を感じることがあります。このページでは、女性ホルモンと頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    大腸菌

    大腸菌とは、哺乳類の腸管内に寄生する細菌の一種のことです。大腸菌が関係して頻尿になる有名な病気が膀胱炎です。膀胱炎は、大腸菌などの細菌が膀胱に入ることで粘膜が炎症を起こす病気です。このページでは大腸菌と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    睡眠薬・睡眠導入剤

    睡眠薬・睡眠導入剤は睡眠を促し維持する効果があり、不眠症状など睡眠を必要とする状態に処方される薬です。夜間頻尿の治療には、睡眠薬・睡眠導入剤が用いられることも多いです。このページでは睡眠薬・睡眠導入剤と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    リンパ管

    リンパ管とは体内の老廃物を排出する働きを司る管で、免疫機能に大きな役割を持っています。加齢が進むと、リンパ管が持つ水分を吸い上げる機能が低下し、むくみやすくなり頻尿の原因となります。このページではリンパ管と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    心療内科

    心療内科とは、怪我や病気だけではなく、その人の心理面や社会面も合わせて治療する事です。神経性頻尿では心療内科による治療が非常に効果的です。このページでは心療内科と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    神経性頻尿

    神経性頻尿とは、原因がはっきりしない頻尿の事をいいます。神経性頻尿には、心の不調が体の不調として現れる心因性頻尿と本当に原因が不明の本態性頻尿があります。このページでは神経性頻尿と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    副交感神経

    副交感神経は、2つある自律神経のうちの1つで、活動によって疲れた体を修復させる神経です。頻尿を改善させるためには、副交感神経を優位にさせて血圧を正常にする努力が必要です。このページでは、副交感神経と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    交感神経

    交感神経は自律神経の一つで、通常は起きている昼間に活発になる神経です。交感神経が優位な状態が長く続き過ぎると高血圧になり、続いて頻尿の症状が出ると言われています。このページでは、交感神経と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    自律神経

    自律神経には交感神経と副交感神経という2つの種類があります。自律神経が乱れると胃腸の水分代謝機能が正常に働かなくなり、体内の余分な水分が排出されなくなって頻尿の症状が出ます。このページでは、自律神経と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    更年期

    更年期とは人間の45〜55歳の年齢にあたる時期です。女性のこの時期に見られる症状が更年期障害です。更年期障害の症状のひとつが、1日のトイレの回数が多くなる頻尿です。このページでは更年期と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    骨盤底筋

    骨盤底筋とは骨盤底にある筋肉の総称で、深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋肉があります。骨盤底筋の衰えによって引き起こされるトラブルで代表的なものが尿漏れや頻尿です。このページでは骨盤底筋と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    罹患率

    罹患率とはある特定の期間において疾病が発生する率であり、実際に疾病が発生した数を疾病が発生する可能性がある人口で割って求めます。このページでは罹患率と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    前立腺

    前立腺とは男性のみに存在する生殖器の器官で、膀胱の真下に尿道を取り囲むように存在しています。前立腺が原因の疾患としては前立腺肥大症があり、頻尿の原因となる過活動膀胱を引き起こします。このページでは前立腺と頻尿の関係を説明しています。 続きを読む

    後遺症

    後遺症とはある疾病や障害が治癒した後に残された症状のことです。例えば脳梗塞の後遺症としては半身不随や失語症などがありますが医師にも原因がわからない症状もあり、その一つが頻尿です。このページでは後遺症と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    有病率

    有病率とは、ある時点で病気にかかっている人の割合をいいます。ある一時点の患者数を調査対象者の数で割ることで求められます。このページでは有病率と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    放射線治療

    放射線治療とは、腫瘍の縮小、もしくは腫瘍の成長速度の低下を目的に放射線を利用する治療法です。放射線治療の副作用の一つに頻尿があります。このページでは放射線治療と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    脳脊髄腫瘍

    脳脊髄腫瘍とは、脳や脊髄にできた腫瘍の総称を指します。脳腫瘍は頭蓋骨の内側にできる腫瘍をまとめて指します。脳脊髄腫瘍にはいろいろな症状が起こりますが頻尿を引き起こす場合もあります。このページでは脳脊髄腫瘍と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    慢性腎不全

    慢性腎不全とは、腎臓の機能が正常に作動していない状態の事を指す病名です。慢性腎不全になると一時期、頻尿や尿の色が赤っぽくなるなどの変化が現れます。このページでは慢性腎不全と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    卵巣

    卵巣とは、卵子を生成し成熟させ、排出をおこなう器官であり、女性ホルモンを分泌する器官です。卵巣に異常があると、膀胱に刺激を与えて頻尿などの排泄障害になる場合もあります。このページでは卵巣と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    尿道

    尿道は泌尿器に分類される器官の一つで、膀胱から尿が排泄される際に通る管のことです。尿道が原因で頻尿の症状が起こる場合、尿道炎の可能性が高いと言えます。このページでは尿道と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    残尿感

    残尿感とは、排尿後に、尿が出きっていない感じや尿が残っている感じがすることを言います。残尿感の症状がある場合、頻尿の症状も伴うことが多いです。このページでは残尿感と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    ムスカリン受容体

    ムスカリン受容体とはアセチルコリン受容体の一種で、代謝調整型の受容体です。頻尿の治療を行う際に、ムスカリン受容体に働きかける薬を使用することは多くあります。このページでは、ムスカリン受容体と頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    カフェイン

    カフェインは有機化合物の一種であり、主に覚醒作用や血管拡張作用をはじめ、交感神経刺激や利尿作用まで、幅広い機能や作用がありますが、過剰に摂取すると頻尿の原因になります。このページではカフェインと頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    プロゲステロン

    プロゲステロンは女性ホルモンの一種で、排卵後の時期はプロゲステロンの分泌量が多い時期と言われ、頻尿を感じることがあります。このページでは、プロゲステロンと頻尿の関係についてわかりやすく説明しています。 続きを読む

    イソサミジン

    イソサミジンは、屋久島に生息するボタンボウフウというセリ科の植物に含まれる天然由来の成分で、排尿筋をゆるめ、膀胱の過剰収縮を正常化させることが望めます。このページではイソサミジンと頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    メラトニン

    メラトニンはホルモンの一種で、メラトニンの分泌に異常が発生すると不眠になりやすいです。寝付きが悪くなると、夜間に尿意を感じてしまい、目が覚めやすくなります。このページではメラトニンと頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

    三環系抗うつ薬

    三環系抗うつ薬は最も古い抗うつ剤の種類ですが、副作用が大きいため、現在ではうつ病治療にはほとんど用いられなくなっています。しかし、その副作用を逆手にとり、頻尿の治療に用いられることがあります。このページでは、三環系抗うつ薬について説明しています。 続きを読む

    抗コリン薬

    抗コリン薬とは抗コリン作用によって、神経因性膀胱や過活動膀胱などによる膀胱の異常な収縮を抑える薬です。主に過活動膀胱治療に処方される抗コリン薬には、テープ剤と錠剤があります。このページでは抗コリン薬について説明しています。 続きを読む

    前立腺肥大症

    前立腺とは膀胱の下部にあるクルミ大ほどの大きさの臓器であり、男性生殖器のひとつです。その前立腺が何らかの原因によって肥大化してしまった状態を前立腺肥大症と言います。このページでは前立腺肥大症と頻尿の関係をわかりやすく説明しています。 続きを読む

    尿管結石

    尿管結石とは、体内で不要になった物質が尿管を通じて体外に放出される過程で結晶化し、尿管内で大きくなったものです。尿管結石は膀胱の壁を刺激するため、頻尿などの症状を引き起こします。このページでは尿管結石と頻尿の関係について説明しています。 続きを読む

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る