頻尿の定義とその症状について

頻尿に悩んでいる人や、自分自身が病的な頻尿かどうかを疑っている人にとっては、「頻尿とはどれくらいの回数を言うのか」「そもそも正常な尿とはどんなものなのか」「ほかの人はどのように悩んでいるのか」などが気になると思います。
それらについて詳しく見ていきましょう。

定義は?どのくらいの回数でるの?

頻尿の定義というのは、実はそれほどはっきりしているものではありません。日本泌尿器科学会では、「1日に8回以上」を一つの目安としていますが、それより少ない回数であっても、本人が気になるようならば「頻尿である」と判断する、としています。

また別の医師の場合、「昼間に8回、夜間に2回以上の排尿」をもって「頻尿」としていたり、「回数」のほかに、「夜に何度も目が覚めてしまい、正常な睡眠環境が確保できない」などの状況を見て「頻尿」と判断することもあります。

頻尿になるとどんな症状が出るか

頻尿になると、排尿回数が増える以外に、何か別の症状が現れたりするのでしょうか。どんな症状が出るのでしょうか。

我慢できないの?漏らしてしまう?

まず、頻尿によって尿をもらしてしまったり、我慢ができなかったりするのか、という問題について。これは頻尿の「原因」によっても変わり、我慢するのが辛い程の強い尿意をもよおしたり、実際に間に合わず漏らしてしまう場合があります。

量が多くなる? 少なくなるの? 痛みやにおい・色の変化

頻尿の場合、1回に出る尿の量はどのように変化するのでしょうか。
これについても原因によって大きく変わります。尿意をもよおしても毎回少ししか出ない場合や、1回に普通~多めの排尿が頻繁にあり、全体の尿量が増える場合など様々です。

それ以外にも、排尿時に痛みを伴う、尿がくさい、無色透明になる、濁る、血液が混じるなど、原因によって様々な症状が出ることがありますが、頻尿であること以外に大きな変化がない場合もあります。

正常な尿とは

では、正常な尿というのはどういうものなのでしょうか。

色は薄い黄色が理想的だと言われています。また、濁りがなく、透き通っています。
量は1日に1000~1500ミリリットルが一般的です。1回の量の目安は150~200ミリリットルほどで、1日当たりの回数は昼4~6回、夜0〜1回が平均です。

当然のことながら、排尿時に痛みなどは伴いません。

頻尿の体験談

ここでは、頻尿によって引き起こされる日常生活の問題や悩みについてや、実際に治った人の話などを紹介していきます。

日常生活で問題となること

頻尿の状態になると、学校の授業中や電車の中など、なかなかトイレに行けない状況で尿意をもよおして、辛い思いをしまうことがあります。
仕事中に何度もトイレに立つため、なかなか作業がはかどらなかったり、旅行中、常にトイレの位置を確認しなければならず、全く楽しめないという人もいます。
また、夜のトイレを気にするあまり、よく寝られないという場合もあります。このような「日常の小さな問題」は、その人にとって、「大きなストレス」となり得ます。

悩みの相談や情報共有の場

頻尿のことを周りの人になかなか打ち明けられず、気に病んでしまうこともあります。家族などに相談するのが難しいのであれば、病院に足を運んでください。泌尿器科が理想ですが、「そもそも泌尿器科に行くのが恥ずかしい」という場合は、まずは内科に足を運ぶという手もあります。総合病院ならば、原因に応じて、より適した科にまわしてもらえるので安心です。

「医者に話せないことも、気軽に雑談のように話したい」という人は、インターネットが便利です。同じ悩みを持っている人がブログをやっていたり、2ちゃんねるやYahoo!知恵袋などのQ&Aサイトで誰かが既に相談していたりするので、参考になる場合があります。
ただし、インターネットにおける「対策」の中には、明確な根拠がないものも含まれているので、情報の精査はしっかりと行うのが望ましいでしょう。

ほかにもある排尿トラブル

ここまで「頻尿」を大きく取り上げましたが、頻尿に悩む人のなかには、ほかの排尿トラブルを抱えている人もいるのではないでしょうか。

残尿感

トイレに行ってもまだ尿が残っているように感じるものです。残っていると感じてしまうと、その後トイレに行く回数が増え、頻尿につながります。膀胱炎や前立腺肥大症などが原因で起こりやすい症状です。

多尿

1日の尿量が3リットルを超える場合は多尿といい、必然とトイレの回数が増えてしまいます。アルコールやカフェインを摂取すると尿量が増えることがありますが、一時的な症状であれば問題ありません。注意が必要なのは病気によるもので、糖尿病、尿崩症、慢性腎不全などが原因となります。

尿漏れ(尿失禁)

自分の意志とは関係なく尿が漏れてしまうことが尿漏れです。いくつかのタイプがありますが、「切迫性尿失禁」は頻尿と大きく関係します。急に尿意をもよおし、我慢できずに漏れてしまうものです。膀胱に少しでも尿がたまるとトイレに行きたくなるため、頻尿をきたします。特に女性に多い症状で、ほかの症状に比べると、さらに周囲に相談しにくい問題となり得ます。

まとめ

頻尿によって日常生活に支障をきたしている方は、とにかくまずはその症状を抑えたいと思っているのではないでしょうか。

それでも病院に行く時間がない、病院に行くのが恥ずかしい、診察費に余分な出費をかけたくないなど、様々な理由でその治療を先延ばしにしている方も多いと思います。

それならば、医薬品を通販で購入するという方法を選ぶこともできます。 しかし、頻尿の治療薬は男女で異なるので、正しい医薬品を通販で選ばなければなりません。

男性の場合は、前立腺肥大症が頻尿の原因となっていることが多く見られます。 前立腺肥大症による頻尿の治療薬も通販でかんたんに購入することができます。

前立腺肥大症による頻尿の治療薬を通版でかんたんに購入する方法

 
 ページの先頭に戻る