神経性(心因性)頻尿について

頻尿になる理由は、病的なものだけではありません。
「神経性(心因性)頻尿」と呼ばれるものもあります。これについて見ていきましょう。

どんな病気?

神経性(心因性)頻尿とは、ごく簡単にいうと、「精神的ストレスや不安などの心理的な要素が大きく関係して起こる頻尿」のことを言います。

ここでは「神経性(心因性)頻尿」としてまとめていますが、この2つは厳密に言えば違います。神経性頻尿というのは、「心因性頻尿(心理的な要素が大きく関係して起こる頻尿)」と「本態性頻尿(原因が不明のもの)」の総称であり、「神経性頻尿のカテゴリーのなかに、心因性頻尿が含まれる」というのが正しい理解です。

ただここでは「心理的な要素が大きく関係して起こる頻尿」としてまとめて、「神経性(心因性)頻尿」を説明していきます。

神経性(心因性)頻尿の特徴として、何かに集中していたり、眠っていたりするときには尿意が起こらないというのがあります。漏らしてしまうという可能性は低く、痛みや血尿も伴いません。頻尿の中でも非常に多い症状で、患者数は膀胱炎による頻尿の次に多く見られます。

原因とは?

では、なぜこの神経性(心因性)頻尿が起こるのでしょうか。
その原因について見ていきましょう。

ストレス、緊張

ストレスや緊張状態が続くと、人は何度もトイレに行きたくなります。神経がいつも以上に高ぶることで起こるのですが、これは多くの場合は一過性です。たとえば「緊張の原因であった発表会が終わった」ということになれば、基本的には頻尿症状がおさまります。
ただ、「発表会でおしっこをぎりぎりまで我慢したのがとても辛かった」という記憶がきっかけで、その後も早め早めにトイレに通う結果、長く続く頻尿になってしまうこともあります。

うつ、不安障害

うつや不安障害などの病気を持っていると、「(トイレに行けない状態で)トイレに行きたくなったらどうしよう」という心配から、何度もトイレに行くようになってしまう、という人もいます。「トイレを我慢しなければいけない」という不安が逆に尿意を促進させるという状況であり、これも「心理的な要素」が大きく関係する症状です

自律神経失調症

私たちの体内の様々な器官は、自律神経によって保たれています。しかし自律神経失調症になり、交感神経副交感神経のバランスが崩れてしまうと、尿意が正常な形で伝わらず、頻尿になってしまうことがあります。また、自律神経のバランスの乱れは、過活動膀胱にもつながります。

どんな治療をするの?

これまでの内容に当てはまる症状がある場合、まずは泌尿器科や内科を受診しましょう。なぜなら、「そもそも自分は神経性(心因性)頻尿なのか、それとも別の病気や原因による頻尿なのか」は、素人判断ではわかりにくいからです。膀胱や尿道など身体的な異常や病気がないと判断されれば、心療内科をすすめられることもあります。

病院では以下のような治療が行われています。

治療薬

神経性(心因性)頻尿の治療によく使われる薬を説明します。

抗コリン薬
過活動膀胱の薬としても使われるものです。詳しくは●「頻尿の治療薬≫病院でよく使われる処方薬≫抗コリン薬」●へどうぞ。
抗うつ薬、抗不安薬
抗うつ薬、抗不安薬は強い精神的な症状がある場合に用いられます。気分を和らげる作用で、精神的な緊張を取り除き、頻尿を緩和できます。ちなみに、三環系抗うつ薬と呼ばれるものは、昔から夜尿症対策に使われ、排尿コントロールとは深い関係にある薬です。
自律神経調整薬
自律神経調整薬自律神経の乱れを調節する薬であり、神経のバランスを整えることによって尿意をコントロールします。独断で飲み始めたり、飲むのをやめたりするのは危険ですから、必ず医師の指示に従いましょう。

カウセリング

神経性(心因性)頻尿の場合、「心理的な要素」が大きく関わっているので、カウンセリングで改善することも期待できます。ただ、いわゆる「カウンセラー」は国家資格がなくてもなれる状態です(平成27年に「公認心理士法」が成立、平成29年9月から施行されます)。そのため、いろいろなカウンセラーがいるのも事実。必ず信頼できるカウンセラーを選びましょう。

自分でできる対策は?

ストレスや不安が頻尿の原因となっていることが多いので、まずはそれを取り除き、なるべくリラックスすることが非常に重要です。また、頻尿に有効とされる漢方薬や市販のサプリメントを試したり、ツボを刺激、膀胱訓練などの方法があります。詳しくは●「自分でできる頻尿対策」●を参照して下さい。

「心理的な要素」は、時に人間の体にまで影響を与えます。日々ストレスにさらされながら生きている私たちにとって、「心の健康」を考えることは、「体の健康」を考えることと同様、とても大切なことだと言えるでしょう。

頻尿の原因はもしかして・・・

病院で頻尿の検査をしたら、実は心因性(神経性)のものではなく、前立腺肥大症が原因であったという男性の話をよく聞きます。あなたもまずは病院で、頻尿の原因をはっきりと突き止めてもらうことをおすすめします。

もし、男性で前立腺肥大症が原因だったという場合、通販でも前立腺肥大症の治療薬を購入することができます。 通販で購入できれば、毎回薬をもらいに病院に行く必要もなくなります。以下の記事で通販での購入の仕方をご紹介します。

前立腺肥大症による頻尿の治療薬を通版でかんたんに購入する方法

 
 ページの先頭に戻る