多尿

多尿とは尿の量が増加している状態のことです。

健康な成人の1日の尿量は約800〜1600mlですが、一般的に1日3000ml以上になると多尿と診断されます。

症状として、喉の渇きを訴える人も多いのが特徴です。

多尿の原因として考えられるのは、糖尿病、尿崩症、慢性腎不全の初期などが挙げられます。

多尿以外に見られる他の症状や病歴も併せて考慮し、その原因を調べます。

尿は腎臓で作られますが、腎臓の尿濃縮を行っている抗利尿ホルモンは、脳の下垂体から分泌されます。

脳の下垂体に何らかのトラブルがあり、抗利尿ホルモンが分泌されないと尿は薄くなり、尿の量は増加します。

脳の下垂体に問題がなく、この抗利尿ホルモンが正常に分泌されたとしても、腎臓の尿細管に異常があると抗利尿ホルモンに反応しないため、多尿となります。

多尿と頻尿

頻尿は尿の量の多さに関わらず、尿を出す回数が多いことを言います。

多尿の場合、必然的に尿をする回数が増えるため、多尿と同時に頻尿である場合が多いのです。

しかし、多尿と頻尿はほとんどの場合、原因が異なります。

多尿は「尿を作るため」の腎臓や脳に原因がある場合が多いのに対し、頻尿は「尿を溜めておく」ための膀胱や泌尿器系などの病気が原因である場合が多いため、尿が溜まる前に尿意を感じてしまい、尿の量が少なくても頻尿となるのです。

原因や症状に違いはありますが、多尿と頻尿は似ている部分も多く、自己判断では違いが分かりづらい症状でもあります。

 ページの先頭に戻る