尿漏れ

尿漏れ(尿失禁)とは自分の意思に関係なく尿を漏らしてしまうことで、大きく分類すると腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁、溢流性尿失禁や機能性尿失禁があります。

腹圧性尿失禁は、急に立ち上がったりしてお腹に力が入ったときに失禁してしまう症状で、切迫性尿失禁は、急に尿がしたくなってしまい、間に合わずに漏らしてしまうことです。

また溢流性尿失禁は、排尿障害により自分で排尿することができずに漏らしてしまうことです。

さらに機能性尿失禁は、排尿機能は正常であるにも関わらず、歩行障害等によりトイレにたどり着くまでに間に合わずに漏らしてしまうことです。

このような尿漏れと似たような症状に頻尿がありますが、頻尿は1日にトイレに行く回数が多いことを指すものであり、失禁するかしないかの違いがあります。

尿漏れと頻尿

尿漏れ(尿失禁)とはいろいろな原因により尿を漏らしてしまうことであり、尿漏れが原因で恥ずかしくて外出ができなくなったりする人も少なくありません。

ただ尿漏れはいきなり発症するケースもありますが、その前段階の症状のときに適切な対処をすることで、改善できる可能性もあります。

例えば切迫性尿失禁の場合は、過活動膀胱が原因として考えられますが、この症状の場合は頻尿も引き起こす場合があります。

つまり、頻尿や軽い尿漏れの症状のうちに過活動膀胱に対して適切な対処を行えば、ひどい尿漏れになることを防げる場合もあるのです。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る