尿道

尿道は泌尿器に分類される器官の一つで、膀胱から尿が排泄される際に通る管のことです。

男性の場合は、膀胱から前立腺の中心を貫通し、その後、陰茎内部の尿道海綿体を貫通した後に陰茎亀頭先端に開口します。

女性の場合は、膀胱から恥骨結合の下を通り、外陰部へと続いて膣前庭に開口します。

男性と女性ではその形状が大きく異なり、男性の場合には成人で16センチから20センチの長さがあり、細い形状をしています。

一方、女性は長さが3センチから4センチと短く、太い形状をしています。

尿道の周囲には尿の通行を妨げるための尿道括約筋があり、尿を我慢するときに用いられます。

尿道と頻尿

尿道が原因で頻尿の症状が起こる場合、尿道炎の可能性が高いでしょう。

この尿道炎は、主に男性尿道炎と呼ばれます。

一般的に女性の場合は尿道が短いため、膀胱炎も同時に発症していることが多く、尿道炎単独で診断されることがほとんどないためです。

尿道炎になってしまう原因としては、性行為による微生物感染がほとんどです。

尿道炎には、淋菌性尿道炎と非淋菌性尿道炎があります。

とりわけ淋菌性尿道炎は、排尿時の激しい痛みや頻尿、尿道口から濃厚な黄色い膿が出るなどの症状が現れます。

尿道炎は性行為によって感染する症状のため、治療を受ける際にはパートナーと一緒に診断を受けることが大切です。

 ページの先頭に戻る