子宮がん

子宮がんとは子宮にできるがんの呼称です。

正式には、がんのできる部位によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2つの病気に分けられます。

子宮頸がんは、子宮の入り口の子宮頚部という部位にできるがんのことを言います。

子宮頸がんは、20~30代の女性が患うがんの中で最も多く、定期的に検査を受けることで発見できる可能性が高いがんです。

子宮体がんは、別名「子宮の内膜がん」とも呼ばれ、子宮上部の子宮体部にできるがんのことを指します。

多くの場合は、胎児を育てる子宮体部の内側にある子宮内膜に発生します。

閉経後の40代後半から発症頻度が高くなり、50~60才で発症ピークを迎えます。

子宮体がんは、前兆として不正性器出血や水っぽいおりものが出るなどの症状があります。

子宮がんと頻尿

子宮がんのセルフチェックの項目の一つとして、頻尿が挙げられます。

頻尿は、子宮頸がん、子宮体がんのどちらの場合にも見られる症状です。

頻尿の症状が見られた場合は、子宮がんだけではなく、他の部位にもがんが転移している可能性があります。

子宮がんが進行すると、子宮周辺の臓器にまで影響を及ぼすようになります。

子宮周辺には、膀胱、直腸、膣、骨盤などの臓器があり、これらの臓器の組織を破壊してがんが進行することで、膀胱や肝臓の周辺にまでがんが広がります。

これらの臓器の中で、膀胱の粘膜部位にまでがんが進行した場合に、頻尿の症状が見られます。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る