放射線治療

放射線治療とは、腫瘍の縮小、もしくは腫瘍の成長速度の低下を目的に放射線を利用する治療法です。

これは病巣が限られている場合に用いられる、ガンそのものにピントを合わせた局所療法の1つです。

放射線がガン細胞のDNAに直接作用し、ガン細胞が分裂をして数を増やす能力を失わせたり、細胞が自殺するアポトーシスと呼ばれる現象を増強することで、ガン細胞を死滅させます。

メリットは手術で患部を切除しないため、ガンに侵された臓器の機能や形態を温存できることです。

また、局所療法であるため全身に及ぶ影響が少なく、高齢者に対しても行える患者に優しい治療法です。

放射線治療と頻尿

放射線治療の副作用のひとつに頻尿があります。

これは膀胱粘膜が、放射線に対する感受性が高い上に放射線に影響されやすく、炎症が起こりやすいためです。

炎症により膀胱が尿の刺激を受けやすい状態になっており、急性の症状として頻尿が見られるようになるのです。

急性の症状であるが故に、放射線治療を開始してから2週間から3週間で起こりますが、治療を終了する頃には膀胱粘膜が回復し始め、治療後1ヶ月から2ヶ月で多くの場合、症状は治まります。

ただし、稀に多量の放射線を受けると晩期障害として慢性化する場合があり、その際は医師に相談し、抗炎症薬や抗菌剤、頻尿改善薬を処方してもらう必要があります。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る