パーキンソン病

パーキンソン病とは40代から50代以降に発症する原因不明の神経変性疾患です。

神経伝達物質のひとつであるドーパミンが減少することによって起こると考えられており、特徴的な神経症状が見られる病気です。

人口1000人に1人が発症すると言われており、難病の中では比較的多く見られる病気です。

最新の研究では、遺伝子の異常が病気の発症に関係していると考えられています。

パーキンソン病には、4大症状と言われる振戦(手足が震える)、無道(体が動かなくなる)、固縮(筋肉の緊張が高くなる)、姿勢反射障害(バランス能力が低下し、転倒しやすくなる)という症状が見られるほか、自律神経が阻害されることで頻尿が起こりやすくなります。

パーキンソン病と頻尿

パーキンソン病とは神経変性疾患であり、自律神経の働きが阻害されることから、多くの患者に頻尿の症状が現れます。

頻尿は一日に8回以上トイレに行きたくなることを言います。

パーキンソン病の場合には、運動障害が出た後に頻尿症状が出ることが多く見られます。

体が自由に動かないのに頻繁にトイレに行きたくなるため、本人や家族にとって大きな負担となり、失禁によって精神的なショックを受けてしまうことも少なくありません。

頻尿を改善する方法としては、薬物療法やリハビリ、利尿作用がある飲み物を控えるなどの方法があります。

また、夜間頻尿に対しては、睡眠薬が有効な場合があります。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る