骨盤底筋

骨盤底筋は骨盤底にある筋肉の総称で、深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋の4つの筋肉があります。

これらの筋肉がハンモック状となって、子宮や膀胱などの骨盤内臓を支えています。

骨盤底筋が出産や加齢などの原因によって衰えてしまうと、頻尿や尿漏れなど様々なトラブルを引き起こします。

この筋肉はインナーマッスルであるため、動きも意識されにくく、機能の衰えになかなか気づけないものです。

しかし、骨盤底筋を鍛えることはヒップアップ効果など、ボディラインを美しく保つのにも効果的だと言われています。

そのため、最近では健康と美容の両面から「膣トレ」と呼ばれる骨盤底筋を鍛えるトレーニングが注目を集めています。

骨盤底筋と頻尿

骨盤底筋の衰えによって引き起こされるトラブルの中で、代表的なものが尿漏れや頻尿です。

笑ったり、くしゃみをしたりした時に尿が少し漏れることがあるという人や、排尿中に自らのコントロールで尿を止めることができない、という人は注意が必要です。

病院で膣圧計を使って数値を測定してもらうと、より確実に判断できるでしょう。

尿漏れや頻尿を改善するためには、骨盤底筋を鍛える必要があります。

骨盤底筋を鍛える方法としては、ケーゲル体操や、女性の場合は膣圧トレーニングなどがあります。

骨盤底筋の衰えを感じている人は、それらのトレーニングを行いながら、日常的に骨盤底筋を意識して生活するとよいでしょう。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る