自律神経

自律神経には2つの種類があり、人間が活動している時に機能する交感神経と、人間が休息している時に機能する副交感神経があります。

交感神経は主に昼間に働く神経で、呼吸や心臓の動きを速めたり、緊張やストレスを感じたり、血圧を上昇させたり、胃腸の機能を抑えたりする作用があります。

夜間の休息時間になると、交感神経が優位であった状態から副交感神経が優位な状態へと交代します。

副交感神経が働くと、呼吸や心臓の鼓動が遅くなる、血圧が下がる、眠くなるなどといった状態が促進されます。

自律神経の交代がうまく行われている人は、日中は活動的になり、夜には眠くなるというふうに感じます。

自律神経と頻尿

ストレスが蓄積されると、自律神経に乱れが生じます。

夜でもストレスを感じて交感神経が活発になっていると、眠るはずの時間にも目が覚めてしまい、不眠になるといった症状が現れます。

交感神経が長く働く状態が続くと、血圧が常に上昇した状態になり、高血圧も招いてしまいます。

また、自律神経が乱れると胃腸機能も正常に働かなくなり、胃腸は水分代謝の機能も兼ねているので、体内の余分な水分が排出されなくなってしまいます。

すると、頻尿の症状が出ます。

自律神経の乱れは、高血圧や胃腸障害の他にも、頻尿の症状まで招くことがあります。

ストレスをためず、適度な運動をしたりして自律神経のバランスが整うと、頻尿もそれに応じて治るケースが多く見られます。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る