メラトニン

メラトニンは、脳にある松果体という器官で生成されるホルモンの一種です。

体内のアミノ酸の一種であるトリプトファンにいくつかの酵素が働いてセロトニンが作られます。

さらにセロトニンに別の酵素が働き、メラトニンが作られます。

メラトニンが分泌されると血液によって全身に運ばれ、最終的には肝臓で代謝が行われます。

メラトニンは体内リズムを調整する働きがあり、昼夜の周期で分泌されるので、暗くなってくると量が増え、眠りを誘います。

メラトニンの分泌に異常が発生すると不眠や抑うつ、生殖能力や免疫異常などの症状が現れることがあります。

よって、夜間の明るさは、身体の健康に影響をもたらすことがあると言えます。

メラトニンと頻尿

メラトニンは年齢と共に分泌量が減少するので、特に高齢者は睡眠不足に陥りやすくなります。

寝付きが悪くなると、夜間に尿意を感じてしまい、目が覚めやすくなります。

この症状を夜間頻尿と呼び、夜間に2回以上排尿を行う場合は、治療することが望まれます。

夜間頻尿はメラトニンの分泌の他にも考えられる原因はありますが、メラトニンの分泌量を増やし、良質な眠りを得ることは、夜間頻尿の改善のためには特に重要となります。

光の刺激が目に入るとメラトニンの分泌が抑制され、暗い夜間にはたっぷり分泌されるという特徴があるので、日中に充分な光を浴びることが大切となります。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る