睡眠薬・睡眠導入剤

睡眠薬・睡眠導入剤は、睡眠を促して維持する効果があり、不眠症状など睡眠を必要とする状態に処方される薬です。

薬の構成により作用する強さや継続時間に違いがありますが、穏やかに眠りを誘発し、精神的な不安をやわらげて精神を安定させる効果があります。

かつては依存性が高いなど問題点も指摘されていたため、できるだけ安全に使える構造の薬が多く使われるようになっています。

疾病を持っている場合やほかに服用している薬がある場合は、副作用が引き起こされるおそれがあり、自己判断での服用は症状の悪化を招く場合もあるため、服用には医師による診断が必要です。

睡眠薬・睡眠導入剤と頻尿

就寝後から起床まで、睡眠中に排尿のために2回以上起きる状態は、夜間頻尿と言われています。

40歳以上のおよそ4500万人にこの症状が見られ、高齢者になるほど排尿の頻度が高くなっています。

夜間頻尿は、膀胱の容量の減少、夜間の尿量の増加、睡眠障害の3つが主な原因です。

また、睡眠障害が原因ではない場合でも、夜中に何度も排尿のために起きることによって、慢性的な睡眠不足になるケースもあります。

このため、夜間頻尿の治療には、生活習慣の改善指導や、高血圧や腎機能障害などの頻尿に影響する持病の治療と併せながら、睡眠薬・睡眠導入剤が用いられることも多く見られます。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る