女性ホルモン

女性ホルモンとは、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンの総称です。

エストロゲンは、女性らしい丸みを帯びた体を作ったり、子宮内膜を厚くしたり、卵胞の成熟を促すなどの働きを持っています。

プロゲステロンは、基礎体温を上げ、体を妊娠しやすい状態にしたり、妊娠後、乳腺を発達させるなどの働きを持っています。

どちらも、女性を女性たらしめている大切なホルモンであり、特に妊娠や出産において、大きな働きをしています。

逆にこれらのホルモンの分泌量が低下すると、生理不順や自律神経の乱れから来る更年期症状、また骨粗鬆症などが引き起こされます。

女性ホルモンと頻尿

生理前や生理中に、頻尿の症状に悩む女性は多いのではないでしょうか。

この生理中の頻尿にも、女性ホルモンの働きが大きく関わっています。

女性ホルモンのひとつであるプロゲステロンは生理前に多く分泌されますが、このプロゲステロンは女性の体を着床、妊娠しやすい体にします。

そのために、体内を安定した環境にしようと新陳代謝を落としたり、子宮周辺の筋肉を柔らかくして引き締まりにくくしたり、卵子が着床しやすくなるように栄養や水分を体内に多く取り込もうとしたりします。

プロゲステロンは、何よりも卵子にとって都合のいいような環境になるように働くので、その他の体の部分で多少不都合が生じても、分泌量が減ることはありません。

その結果、プロゲステロンは生理中の頻尿を引き起こすのです。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る