気虚(ききょ)

気虚(ききょ)とは中医学における体質タイプの一つで、体内の気が不足した状態を指します。

気とは目に見えない生命エネルギーのことを指し、人体はこの「気」「血(血液)」「水(体内の水分)」の三要素によって成り立つと考えられています。

人体が何らかのストレスを受けたとき、体内にある気を使ってストレスに対処しようとします。

気虚は、体が長期的なストレスにさらされ続けた結果、慢性的に気が不足した状態になることを言います。

気が不足すると、常に疲れやすく、さらに食欲不振や胃もたれ、下痢などの様々な内臓の不調を引き起こします。

気虚(ききょ)と頻尿

気虚(ききょ)になると、気の不足によって内臓機能が弱まり、その結果、尿道括約筋の働きも低下します。

すると、尿意を我慢することが難しくなり、頻尿の症状が現れるとされています。

尿量は普通であるものの、尿の色は薄くなる傾向にあり、疲れるとさらに悪化する場合があります。

また気虚による頻尿は、肺脾気虚体質の人に特に起きやすいとされています。

肺と脾臓の気が不足することで、酸素を取り入れる肺機能の低下に加え、脾臓による水分代謝がうまくいかなくなり、頻尿を引き起こします。

基本的には、この2つの臓器に気を重点的に補うことで対処します。

これって頻尿?

頻尿の原因

頻尿対策と予防

 ページの先頭に戻る